妊婦診療

ドクター妊婦診療入院案内乳児健診アクセスマザーズクラス
 
    妊婦健診   婦人科mogmogなるほど事典do!mom!web院長ノートオリジナルフォトフレームOkuru plusリクルートメールはこちら
   
 
初健診
・超音波検査胎嚢たいのう や胎児が問題なく
子宮の中にいるかを確認
・超音波検査…赤ちゃんの心拍が確認できるまで通院します
 
・超音波検査
・血液検査…貧血、血液型ABO、RH・梅毒反応、風疹抗体、B型肝炎
        HTLV-1、子宮頸癌検診、不規則抗体
       C型肝炎、HIV、ヘモグロビンA1C、膣分泌物培養
 
血液検査の結果は2〜3週間後の
健診時に説明します。
通常4週間おきの健診となります。
・超音波検査
 
・超音波検査
・妊婦指導
助産師によるカウンセリング
 
・超音波検査
性別が判りはじめる時期。
教えてほしい場合は、
先生に聞いてみましょう♪
 
・超音波検査(4D)
26週以降は、2週間に1回の健診になります。
・クラミジア検査
初産婦、当院での分娩が 初めての方はカウンセリング
 
・超音波検査

・超音波検査/貧血検査/血糖

 
・超音波検査

・超音波検査/おりもの検査

 
36週以降は、毎週の健診になります。
・NST胎児心拍(ノンストレステスト)…陣痛のない状態で胎児の心拍を調べ、
                     赤ちゃんがお産に耐えられるかを調べるテスト

・超音波検査/妊婦指導/血液検査…貧血、不規則抗体
・超音波検査
・超音波検査
 
           
   
■カウンセリング
和室のカウンセリングルームでは、皆様の気になる疑問に助産師が丁寧に応対します。 お気軽にご相談ください。
 
 
■4D超音波検査 リアルタイム四次元超音波診断装置
当院では、超音波エコー最新機種を導入しております。
4Dエコーでは、おなかの中の赤ちゃんの動く様子(心臓の鼓動・手足の動きなど)
をリアルタイム3D画像でご覧頂くことができます。
妊娠24週の検診の際に予約制で行っています。
 
■分娩監視装置
胎児が、母胎の中で元気でいるのかどうか陣痛曲線と超音波を利用した
胎児心拍数曲線から判断するための医療機器です。
陣痛期・分娩期を通して、もっとも重要な器機です。
当院では、患者様が自由に行動できるように無線式の監視装置を採用しています。
 
   
 
    自然に優しいselectshop      
   
   
■ 販売商品
授乳用品 骨盤ベルト ランシノー ペプチドミルクE赤ちゃん  ペプチドミルクEお母さん おさんパッド 等々
     
1FセレクトShop & 入院受付
ショップ営業時間 
(平日・土曜)10:00〜20:00
(日曜・祝日)14:00〜20:00
 
     
 
 
 
   
ドクター妊婦診療入院案内乳児健診アクセスマザーズクラス

電話番号0722395571メールはこちらサイトマップ
Copyright(c)2013.Shinyashiki obstetrics and gynecology. All Rights Reserved.