なるほど事典

ドクター妊婦診療入院案内乳児健診アクセスマザーズクラス
 
    院長ノート   婦人科mogmogなるほど事典do!mom!web院長ノートオリジナルフォトフレームOkuru plusリクルートメールはこちら

2017/01/01  

 新年明けましておめでとうございます。皆さまにとって、良い年でありますように心よりお祈り申し上げます。昨年は、熊本地震の傷跡が残るなか、台風10号が東北・北海道に豪雨をもたらし、たくさんの方が甚大な被害を受けました。小さい子どもさんを連れての避難所生活。妊婦さんにとっても厳しい環境での日々だったこととご推察いたします。やむをえず、避難所で新しい年を迎える方々が平穏な日常を取り戻せるよう、復興と救援を更に加速させていくことを心から願っています。
 2017年、依然として少子化問題は効果的な対策を見いだせずにいます。少子化現象には様々な要因がありますが当院は医療の分野で少しでも貢献できるよう、これからも取り組んで参ります。医療の向上は元より日本の未来を担うたくさんの新しい命の誕生に、医師としてその役割を十分に発揮したいと考えています。今年もよろしくお願いいたします。

2016/01/01  

 新年明けましておめでとうございます。皆さまには健やかに新しい年を迎えられたこととお慶び申し上げます。

昨年はしんやしき産婦人科にとって開院20周年という節目を迎えました。これまで大過なく推移してこられたのも地域の連携病院の諸先生方をはじめ関係者の皆さまのご尽力の賜物と心より感謝申し上げます。そして昼夜を分かたず患者さまに寄り添う医療スタッフの努力の成果でもあることはいうまでもありません。

 このような心強い医療従事者と共に2016年、初心に立ち返り「心のふれあい・安全・安心して受けられる医療」の理念のもと更に、充実の医療に歩を進めてまいる所存です。本年もよろしくお願いします。

2015/06/18 還暦を迎えて 

  今年の梅雨明けは遅くなるとの予報です。蒸し暑い毎日ですが、皆さまにはお変わりありませんか。この時期は、気圧の変化による食欲不振や自律神経の乱れなどを訴える患者さまも増えているように思います。水分補給や体を冷やし過ぎないなどに気をつけて、睡眠をしっかりととるように心掛けて下さい。

 私ごとですが、今月で還暦を迎えます。まだまだ先のことと思ってたのですが、ふと気がつけば六十年です。振り返れば、開業医として日々の診療や深夜のお産に緊急手術、学会にと多忙が当たり前に過ごしてきたように思います。仕事以外に趣味は読書ていど、といいながら他にはなかなか手に付かなかったのですが、これを機にチャレンジしてみようかと思っています。
 先日メディアの情報で花道「無雙真古流」のことが報じられていました。京都銀閣寺で足利義政を祖に広められたと伝わる茶花のようで、禅にもとずく流れに興味がわいています。大学生の頃には裏千家の茶道や未生流の花道も稽古していたのですが道半ばで挫折をしています。思い立ったら何とやらの気持ちで始めてみようかと思っています。

 還暦を迎えて改めて思うことは、ご尽力を頂いてきた方々への感謝と、今日までこれといった大病もなく過ごせたことの幸いに感謝したいと思います。

2015/01/01 

 明けましておめでとうございます。皆さま健やかに新年をお迎えのことと思います。
当院は「心のふれあい・安全・安心な医療をお届けします」をスローガンに患者様ひとりひとりの声に耳を傾け、より良い医療の提供に心掛けてきました。昨年は、今までの医療の実績が認められ(一般社団法人)日本産科婦人科内視鏡学会に於いて研修施設の認定を受けました。南大阪では近畿大学医学部附属病院・大阪労災病院・市立貝塚病院・市立堺病院と共に、当院の認定に身も引き締まる思いです。
内視鏡器機の導入によって、患者さまの身体への負担も軽くなり入院日数も短縮されるなどのメリットもあります。これからも新たな医療技術をとりいれ、患者さまがより安全な分娩、質の高い診療が受けられるように更なる努力をしてまいる所存です。今年もよろしくお願いいたします。

2014/10/21 奈良へ

  今秋は台風が続いて上陸し気が休まらない週末でしたが、皆さんにはお変わりありませんか。
私は休日も診察があったりでなかなか休めないのですが、この連休中 久し振りに奈良の古刹を訪ねてきました。
西名阪道の法隆寺インターを降りると、もうそこは聖徳太子ゆかりの斑鳩の里。法起寺の三重塔に向け歩く道すがらには秋桜が風に揺れて心を和ませてくれました。歩いても左程かからない三井の里にある法輪寺は、山背大兄王が父、聖徳太子の菩提を弔うために建立したものだとか。十一面観音や薬師如来は飛鳥時代の作で、頭の部分が大きく素朴な美しい姿で迎えてくれました。
 折角だからと思い、以前に本で紹介され印象に残っていた十一面観音立像を観てこようと桜井まで足を延ばしました。聖林寺は懸崖作りのお寺で、藤原鎌足に由来し建立されたようです。本堂から更に上がったお堂に十一面観音は安置されていて、天平時代の作と伝わる優美な容姿は優しい眼差しを投げかけるように静かに佇んでいました。十一面観音は苦しんでる人を見つける為に十一の顔があるのだとか。古より、人々の祈りがそこにあったのでしょうか。古代では一番 信仰された仏様は、広く人々の病気を治し苦痛を取り除く薬師如来だったようです。古人の現世利益 病気平癒の祈りは現代人にも通じるものなのでしょう。

 私はお寺を訪ねたときに、ふと思うことがあります。私たち医療従事者は薬師如来の使いなのかもしれない、と。しかし、現代医学でも治せない病気もあります。これからも日々の精進を重ねていきたいと改めて思いました。

 日頃の運動不足を解消するかのように、よく歩きました。連休中にもかかわらず人も疎らで、ゆっくりとお寺を巡り仏さまを訪ねることができいい時間をもてました。奈良は何度訪ねても、其処此処に深い趣きを感じます。皆さんにも、お勧めのコースです。

2014/06/05 入院

  病気は頚椎症という病気で首から肩、腕にかけての痛みが起こり上を向いて寝ていると肩が痛くて目が覚める、横を向くと腕の痛みで熟睡できない。そんな状態でした。薬や理学的な治療をしていましたが症状が強くなってきたので、京都の病院で手術をしました。
手術後の辛い痛みも翌日には少し和らぎ、その日から歩行開始とのことで病院長からはできるだけ歩く方が回復が早いので積極的にどんどん歩くようにといわれ、術後三日目には外出し京都の街を歩きました。退院までリハビリを兼ねて毎日のように歩き、4、5日もすると入院しているのが手持ち無沙汰になる位までに回復しました。

 他の病院で手術をされた患者さんは、2週間は首や頭を動かせず上を向いたまま寝てないといけなくて退院までに2ヶ月ほどかかり、首や頭部などが時々痛くて完治までに2年もかかりましたと大変だったことを聞きました。頚椎症の手術をした病院の看護師さんもやはりそのようなケースがあるようですね。とお話されていました。
 退院後、暫くはカラー(首のコルセットのような物)をつけて仕事をしていたもので、受診に来られた多くの患者さんから「どうされたんですか ?むち打ちですか?」や「ゴルフでこけたのですか?」などと声をかけられ、実は手術を。。と、話をして安心していただきました。
2週間の入院をしましたが私の場合、執刀して下さったドクターや医療スタッフに恵まれまして、至って順調に回復して今はカラーも就寝の時だけ付けています。

 講演会などの時によく聞かれるのですが、病院を選ぶときのポイントはどのように?教えてください。などですが、一般的には大変なのかもしれません。ただ、インターネットや雑誌の表面的な評判に惑わされずによく考えて選ぶことが大切だと思います。最近は、専門分野でご自身の技術を極めたくて開業される有能なドクターが増えてきてるようです。 大病院だと患者さんは安心する傾向があるようですが、専門分野のどの先生が、どのような治療を、または手術をされるのか、よく聞いて確認されるほうがよいと思います。

2014/3/27 少し書いてみました

 先日、稲盛和夫さんが「 利他 」の心についてテレビでお話をされていました。稲盛さんは鹿児島市で7人兄弟の次男として生まれ、少年期は病弱だったようで、その頃に読んだ谷口雅春の著書に衝撃を受けたのが、心の考え方の基盤になったようです。
「経営の神様」ともいわれる京セラの初代会長として多大な業績をのこし、小さな町工場から売上高一兆円を超える世界的な企業に育てられた方です。

今、稲盛さんの書籍が中国で大変売れているようです。中国では、バブルといわれ経済発展が著しく進む中、様々な問題が浮き彫りにされています。稲森さんは「世界でも最も個人主義的な考えをする国民性ではあるが経済発展をした今、それだけでは虚しさがのこるのではないだろうか」とお話しされていました。書籍は経営哲学にはじまり人としての生き方など、人生に於いても読む人に勇気を与え、何かを見出せるきっかけがあるように思います。

稲盛さんは還暦の頃、臨済宗の修行を積み(特別扱いはされていないようです)得度をされました。そんな稲盛さんのお話には、「人間として何が正しいかを判断の基準とし、自分に都合のいいように物事を見ないようにすることが大切だ」そうすることで、人の為になるにはどうしたらいいか、正しい価値判断が得られるとお話しされていました。

稲盛さんは還暦の頃、臨済宗の修行を積み(特別扱いはされていないようです)得度をされました。そんな稲盛さんのお話には、「人間として何が正しいかを判断の基準とし、自分に都合のいいように物事を見ないようにすることが大切だ」そうすることで、人の為になるにはどうしたらいいか、正しい価値判断が得られるとお話しされていました。

私も時々参禅に行きます。日常の雑事から離れ静かなひと時は心が浄化される思いがします。物事を損得ではなく「何をするべきか、何をすべきでないか」を基に考え行動するように心がけています。

2013/12/10

  皆さんお変わりないですか。東京オリンピックの開催が決まりました。そのことで少し書いてみようと思います。

 二〇二〇年、オリンピックパラリンピックの開催地が決定したのは残暑も厳しい九月のことである。注目する私たちに飛び込んできた速報はIOC国際オリンピック委員前会長の軽やかな声で告げる「TOKYO」であった。 湿った空気がパン!とはじけ一瞬にして爽やかな風を感じた。そこに至るまでの招致委員の方々の多方面への努力の賜物だともいえよう。。

 なかでも、日本の「おもてなし」の文化をアピールしたアンバサダーでもある女性アナウンサーは一躍、時の人になる。「おもてなし」の心は茶の湯、茶道に通ずると云われる。相手の気持ちを汲み、心を尽くす。何でもないことのようだが、つい忘れがちになってしまう。個人の権利が尊重されがちな昨今、日本人の日常に浸透している「おもてなし」文化に改めて襟を正したいと思う。

 日本は、オリンピック開催国としては二回目になる。太平洋戦争の影響でオリンピック参加資格が停止され、長く国際大会に参加できない期間があったが、一回目は一九六四年、約五十年前である。その頃の日本は戦争からの復興を進める途半ば、東京オリンピックのパワーは人々に希望を与え、活気に満ち溢れていた。  

 我が家に初めてカラーテレビがやってきたのもその時である。東京オリンピックの開催パレードを是非カラーテレビで観たいとの祖母の願いからであった。届いたテレビの画面に重々しく掛けられた緞帳のような カバーを丁寧に上げ、家族、ご近所も集まって手を叩いて観た東京オリンピック中継。日本中を走り抜けた聖火ランナーの晴れ晴れしい姿は、今もセピア色の記憶に残る。

 二〇二〇年、七年後の東京オリンピック。
選手の活躍に期待し、 更なる日本の活力に繋がる事を願いたい。

2013/9/8

 2020年、オリンピック開催地が東京に決定されましたね。連日の報道にどうなるかと気にかかっていましたが、7年後の開催に期待したいです。この決定により、被災地に希望をもたらし復興がさらに促進されることを祈りたいと思います。

さて、8月のあの猛暑続きは耐え難いものでしたね。二百十日に合わせたかのように台風も来襲し不安定な天候が続いていましたが、今日は久しぶりに爽やかな秋晴れになりました。皆さんはお変わりありませんか。私は日々の診療に多忙な夏を過ごしていました。夏の始めに興福寺での「薪御能」を観てきました。日常を離れてのゆったりとした時間を楽しむことができました。その時の様子を少し書いてみました。

今年は、世阿弥の生誕六五〇年だという。能楽に惹かれて時々足を運ぶ。奈良、興福寺南大門跡で執り行われる「薪御能」今回はきっと混み合うだろうと、早めに会場に着く。もうすでに境内は観客で溢れ んばかりだった。
 案内された席からは、新緑の楠木を押し広げるように五重の塔や金堂が見える。正面には昨年の高い目線の能舞台から、古式ゆかしく「般若之芝」と呼ばれるより低い舞台が、演者の出を待つ観客の期待を集める。開演まではまだ間がある。手渡された小冊子には、観世流 能「巴」大蔵流 狂言「棒縛」宝生流 能「阿漕」の演 目とあらすじが紹介されている。ゆっくりと目を通す。やがて、南 円堂の屋根を紅に染め夕日が傾いた。

何時からともなく舞台の脇に控える囃し方の笛の音が始まりを告げ、鼓が旅の僧(ワキ)を呼ぶ。演目は「巴」。木曽の僧が都へ上がる途中、ひとりの女(前シテ)に出会う。唐 織壺折装束の出で立ちで橋掛かりを静かに歩を進める。その摺り足 は、時を忘れるかのように美しい‥。渡る風に薪火が揺れ、霊性を帯びる面に弱吟のシテの謡が観客を幽玄へと誘う‥。

雲の切れ間からその様を覗き見をしていた上弦の月が傾きはじめた頃、舞台は唐織壺折の装束を脱ぎ捨て武装した巴御前(後シテ)が長刀を肩にして現れ、主君の義仲と最期を共にできなかった恨みを訴える。巴は旅の僧に自らの執心を弔い、自害して果てた義仲の霊を慰め、回向をたのみ消えてゆく‥。
皆さんも、機会があれば、是非、ご覧になってみてはいかがでしょうか。

2013/4/1

春の花粉と黄砂による影響なのか、私は、鼻ずまりや 目のかゆみなどの症状が出ています。
世間は、桜、桜で賑わっているのですが、花粉症の私はなかなか 辛いものです。皆様はいかがですか?

今年は、花粉にプラスされて、PM2.5という汚染物質が黄砂とともに 飛来するという事態になっています。
大陸からの工場の煤煙やディーゼル車が発生源だと考えられるPM2.5は 粒子が極めて細かく、髪の毛の30分の1という微粒子のようです。
そのため、呼吸によって吸い込んだPM2.5が肺の深部まで到達して、 喘息や気管支炎を引き起こす原因となると言われている厄介な もののようです。更に、アレルギー性鼻炎や結膜炎などの増加も 報告されているようです。

診察に訪れる妊婦さんからも、心配されている声が聞かれますが、 過度に考え過ぎることはしないで、報道などで大気中濃度が 基準値を越える場合の注意報がでるようになりましたので、 そんな時は大事をとって外出を控えるようにし、 やむを得ず外出する場合はマスクの着用を心がけるようにして この時期を乗り切りましょう。
私もあと少しの間、体調管理に気をつけたいと思います。

2013/1/1

皆さまには、さわやかな新年をお迎えのこととお慶び申し上げます。

出産は女性の人生にとって貴重な経験です。医療の進歩とともに、 お産の形もさまざまになりました。
そんな中で患者さま一人一人の気持ちに沿える「充実」の医療を 目指していきたいと考えています。
患者さまにより高い医療を受けていただくための設備の充実、 地域医療の連携を深め、更に専門医、看護師の専門性を高め 診療体制を整えたいと考えています。 患者さまが安心して入院、出産にのぞめるような心強いサポートは 最も大切だと考えます。
スタッフのチームワークのもと役割と責任を自覚し、 今年の目標「充実」に向かって歩んでいきたいと考えています。

本年もよろしくお願い申し上げます。

2012/9/21

先日も、受診された妊婦さんが「主人が風疹にかかってしまって、、お腹の赤ちゃんが、、」と心配されて沈んでおられました。検査の結果、幸いその方には抗体がありましたので事無きを 得て笑顔の表情にかわられ、今後の注意点など聞いておられました。私も、安堵しました。

待ちわびた秋の気配を感じるようになった今も、風疹の流行は例年に比べ7倍近くにもなっています。風疹は春に発症し初夏の頃には落ち着いてくるのですが、今年は未だに、風疹の猛威は衰えていません。

従来、風疹は小学校の頃、集団生活にはいる年齢でかかる事が多く抗体もできていたのですが、その抗体も時間とともに低下し不十分になっていることがあります。近年では、成人がかかるケースが増えています。風疹ウィルスは飛沫感染です。感染すると赤い発疹が耳や首筋などに表れて37度代の軽い発熱があります。感染をした場合、発疹のでる2、3日前から合わせて一週間は感染力があると、考えられています。中には、殆ど症状がでない場合もあります。
 風疹を特に気をつけなければいけないのは妊婦さんです。妊娠の可能性のある方も含めて十分に注意してください。妊婦健診では風疹の抗体があるかどうかの検査を行います。妊婦さんで抗体がない場合、妊娠初期に風疹にかかると、お腹の赤ちゃんに風疹ウィルスが感染し難聴、白内障、心疾患、発達の遅れなどの可能性があります。妊娠をしている状態でのワクチン接種はできませんので十分な注意が必要です。
 妊娠していない場合は、ワクチン接種により感染から守ることができます。ただし、接種後2ヶ月間の避妊が必要になります。妊婦さんは風疹にかかっている可能性のある人との接触は 避けて人混みに出かける時はマスクを着用するように気をつけてください。また、妊婦さんのご家族で会社や学校などで感染することがあります。ご家族の方がご家族の方も抗体検査をして、早めのワクチン接種をお勧めします。

ご家族皆さんで、元気な赤ちゃんの誕生を喜びたいですね。

2012/7/14

今年の梅雨明けは少し遅くなりそうです。蒸し暑い毎日ですが、真夏のギラギラとした暑さはこれからです。
妊婦さん達にとりましても厳しい夏ですね。水分補給や体調管理に気をつけて元気に過ごしてください。

皆さんのご家庭にも、関電からの節電のお願いが届いたことと思います。当院も、電力会社からの節電が課せられました。 医療機関ではありますが、社会義務を果たすために節電の対策を始めました。但し、入院設備のある医療機関ですので、患者さまの安全に関することへの負担にならない節電に心がけています。万が一の場合も、自家発電機にて対応できますのでご安心ください。その他の所では、事務所・トイレ・廊下などのフロアはこまめに消灯をして、エアコンの温度も28度に設定しています。さらに、必要な場合にはエレベーターを一時的に止めさせて頂くことがあるかもしれませんが、その場合はご協力をお願いいたします。

2012/2/27

其にしても、この寒さは格別ですね。
皆さんお元気でしょうか?!
少しずつ日も長くなり暦の上ではもう春ですが、なかなか体感できません。
関西人の私が、子どもの頃より慣れ親しんでいる春を告げる行事のひとつ 奈良の「お水取り」をちょっと書いてみます。

奈良、東大寺二月堂では、1260年の間一度も休む事なく多く の行法が行われてきました。
この行事は、一般的にはお水取りの名前で親しまれていますが、 正式には「修二会」といいます。 毎年3月1日から14日まで続くお勤めです。 行中3月12日深夜に行われる「お水取り」は若狭井から香水を 汲み上げ、御本尊十一面観音にお供えします。秘儀の中に行われる 「お水取り」は遠く若狭から送られる若水なのです。 行を勧める中でも、走る童子達が熱く燃え上がる籠松明を振り回し欄干を走り抜ける様は、参集した人々をわかせます。 奈良東大寺の「お水取り」に先がけて小浜市神宮寺では、毎年3月2日に「お水送り」が行われます。
「お水送り」は天平時代からの 奈良と若狭の繋がり、 歴史を今に語る行事なのです。

その昔‥ 修二会を始めた実忠和尚は二月堂創建の儀式に諸神を勧請しましたが、若狭の遠敷明神だけが釣りに夢中になって遅れて遅れてしまいました。遠敷明神は、お詫びに若狭から香水を送ることを約束します。すると、二月堂の下の岩から白と黒2羽の鵜が飛び立ち、水が湧き出たといいます。その日から脈々と続く若狭の「お水送り」は、夕刻から始まります。白装束の僧達が法螺貝を吹き山門から入り、堂内で大松明に火をつけ駆け廻ります。いよいよ大護魔に火が点され、神宮寺住職が送水文を読み上げます。境内の傍らに湧きだす「阿伽井」から汲まれた香水は遠敷川に沿って2キロ上流の鵜の瀬の淵から注ぎ込まれるのです。香水は10日後、奈良東大寺の若狭井に達し汲み上げられ、お水取りの儀式が始ります。

こうしたお水送りも「秘儀」として続いてきたものでしたが、現在は 一般参詣の人々にも親しまれています。四季のある日本ならではの、語り継いで行きたい伝統行事です。

2012/1/1

皆さまにとって、よい年でありますようお祈りします。

平成24年。新しい年を迎えました。
昨年は、東日本大震災や台風12号による災害で甚大な被害を受け、たくさんの方が犠牲になりました。また、今も、ふるさとから遠く離れ避難生活をされている方もおられます。 この厳寒の中、嘸や‥と心が痛みます。そんな被災地で、新しい命の誕生のニュースが聞かれたときは、胸が熱くなる思いでした。当院も、微力ながら被災された方達への救援に心を傾けて参りたいと考えています。 新しい年は、日本の復興と救援を更に加速させていくことを心から願っています。そして、日本の未来を担うたくさんの新しい命の誕生に、医師としても 前途に光明を見出して参りたいと思っています。

2011/11/18

今年も、積雪注意報が聞かれる季節になりました。

妊婦さんたちにとっても、年末、年始は何かと忙しく動く事も多くなると思います。疲れをためないように、そして、体力の低下によって起こるリスクを抑えるよう心がけることが大切です。今回は、全妊娠の約5%で起こっている早産と切迫早産についてお話します。早産とは妊娠22週〜37週未満の間に赤ちゃんが生まれてしまう事です。その原因のトップは子宮内感染です。細菌やウィルスが膣から侵入し、子宮頸管や胎盤に広がると炎症をおこし卵膜が弱くなり破れやすくなります。更に、子宮収縮を起こすと破水、陣痛へとつながり早産が引き起こされるのです。このようなリスクを高める原因、早産・切迫早産の主な兆候を見逃さないことも大切です。留意点を分かりやすく纏めてみました。

★ 性器出血
出血の原因が子宮収縮や、びらん、ポリープの場合もありますが、受診したほうが安心です。

★ 下腹部痛
お腹の張りが何度も繰り返されたり、痛みが強くなる場合は受診しましょう。

★ 前期破水
早産につながる最も心配な兆候です。早急に病院へ行き、処置を受けてください。

2011/9/2

"秋きぬと 目にはさやかにみえねども風の音にぞ ・・・。"
  そんな季節になりました。皆さん、お変わりありませんか?
   夜の診察も終りホッと一息ついたころ、何処からともなく
   "リーンリーン"と聞こえてくる虫の音は疲れも忘れてしまいます。
 

私も興味深い秋の虫、邯鄲の事を少しお話してみます。
耳を澄ませば・・・蟋蟀、鈴虫、松虫、馬追、蛬・・・邯鄲。
秋も深まるにつれ、草むらや庭先には夜毎、虫達の奏でる美しい声が聞こえてきます。音色も其々に情趣があり、中でも、鳴く虫の女王とよばれる淡い黄緑色の姿をした邯鄲の音色は物悲しく‥ル、ル、ル‥と単調に消え入りそうに鳴く。

その儚げで夢をみるような音色ゆえに中国 趙の都 邯鄲の故事「邯鄲の夢」になぞらえて、その名があるといわれています。
 唐の時代 邯鄲の旅舍で、働けど儘ならぬ身の上を嘆く廬生という若者が呂翁という道士に出会う。呂翁から借りた陶器の孔が空いている不思議な枕でひと眠りにつく。廬生は50年にわたる栄華富貴の限りを尽くした…が。

欠伸をして目を覚ますとそれは夢だった。みすぼらしい身形で邯鄲の宿にいた。寝る前に蒸していた黄梁もまだ出来上がっていないほどの短い間のことだった。栄枯盛衰の儚いことのたとえ話です。

日本にも平安時代から「虫の声を愛でる」習わしが始まり、物語にも読まれています。秋の虫は日本人の「もののあわれ」に根差した文化なのかもしれないですね‥。 

秋の夜長、体調15ミリほどの小さな虫邯鄲の鳴き声を探してみませんか。 ル、ル、ル‥ 

2011/8/1

暦の上では、8月8日が立秋です。
まだまだ本格的な暑さはこれからのようです。
皆さま、お変わりありませんか?
 

先日診察に来られた患者様から手足の冷えについてのご相談がありました。夏の妊婦さんには冷えが大敵です。妊娠中はホルモンバランスの 影響で自律神経が乱れ、顔や上半身は熱くても下半身は冷えていることがあります。体が冷えると子宮の筋肉が収縮し胎盤の血流が悪くなって赤ちゃんに酸素や栄養が届きにくくなります。その上、足のむくみやつわりがひどくなり、腰痛などの原因にもなります。

つい冷やし過ぎてしまう部屋の温度を28度くらいに保ち足元やお腹を冷やさない服装に気をつけることが大切です。充分な睡眠と身体を温める食事をとり、寒い季節だけでなく夏でも温かい入浴を心がけましょう。気がつきにくい 夏の冷えには十分注意しましょう。

2011/4/3

東北関東大震災で被災された皆さまに心からお見舞い申し上げます。

阪神淡路大震災から16年、皆さんの防災意識も高まり日頃の備えもされていたことと思います。この度は津波を伴い甚大な被害を受け、また更に原発での危険も心配されます。そんな状況下で、赤ちゃんと避難されておられる方はほんとうに大変な念いをされていることと思います。水道水への安心も得られず戸惑っていることでしょう。こんな時にも一番安全なのが母乳です。ストレスで母乳も出なくなることもあるかと思います。あきらめず与え続けていれば、出るようになるケースもあります。何よりも、刻々と変わる報道に惑わされず、赤ちゃんと自分にとって”今、何を成すべきか?”を冷静に判断し行動して頂きたいと思います。当院では、被災地からの妊婦さんの受け入れを行っています。
お電話にてご相談ください。(電話:072−239−5571)私たち医療スタッフ一同
 被災地の方々の一日も早い復興をお祈り致しております。

2011/2/22

梅の便りも届きますが、まだ まだ 春浅しの 寒さです。この頃から、私も毎年 花粉症に悩まされています。

今年の花粉量は昨年を大きく上回り 10倍と予測されています。昨年の夏の気温が全国的に高く、スギの生育が著しいことが要因の一つだと言われています。今まで花粉症でなかった人も、今年は注意が必要のようです。そもそも花粉症とは、花粉に対するIgE抗体によるアレルギー反応が鼻粘膜や眼結膜で起きるために発症します。主な症状は、くしゃみ、鼻水、鼻詰まり、目の かゆみとされ、一般に花粉症の4大症状と呼ばれています。つらい花粉症を乗り切る為に心がけたいことは、先ず免疫力 を高める為によく睡眠をとる。花粉を部屋に持ち込まないナイロン・アクリル製生地の服装をし、マスクを着用する。外から帰ってきたらうがい・手洗い を入念にする。布団や洗濯物を外に干さない。掃除を徹底する 等です。花粉症は胎児へ影響するのですか?と、妊婦さんからの質問をよく受けます。

妊婦さんが花粉症でも胎児への影響はほとんどありません。ですが、花粉症が母体の睡眠不足、食欲不振に繋がる場合がありますので、注意が必要です。花粉症の妊婦さんへの処置としては、診察の上、人によっては、漢方、目薬、点鼻薬を処方しています。まだ症状の無い人は花粉症を予防する事が大切です。花粉症について、心配な事があればご相談ください。

2011/1/19

冬野菜の栄養価「葉酸」について

日本列島は厳寒の雪情報が聞かれ 殊更、春が待たれます。寒い冬は鍋がイチバン!と家族で囲むことも多いかと思います。耳慣れない 「葉酸」は、葉もの野菜に多く含まれています。 (ほうれん草・白菜・カリフラワー・アスパラガス・ブロッコリー・カボチャなど)
 以前より胎児奇形「二分脊椎」の予防に葉酸の摂取が薦められています。葉酸は、妊娠初期の赤ちゃんの細胞の増殖や発育に必要なDNAの 合成をサポートする働きがあります。一日に350グラムの野菜を摂ることで胎児奇形の発生率も減少するという報告が諸外国よりされています。最近では、葉酸を正しく摂取したお母さんから生まれた赤ちゃんは、運動能力や知能がより高いという論文もでています。野菜が苦手な方には、妊婦さん向けの「葉酸」を摂取できるサプリメントもありますので主治医に相談の上、試されるのもいいかと思います。

2011/1/1

新年 明けましておめでとうございます。

皆さまにとって良い年でありますよう祈念いたします。皆様のお陰を持ちまして、しんやしき産婦人科は、昨年11月で開院15周年を迎えました。 産婦人科に関連した医療問題が報じられる状況下ですが、開院当初より今日まで「質の高い充実した地域医療」を目指して参りました。今後も、医療者として研鑽を積み地域の医療連携に貢献していきたいと考えています。現在、当院はお産の数も年々増加傾向にあり腹腔鏡手術に関しましては、年間100件の手術(卵巣膿腫・子宮筋腫など)を行っています。医療をサポートする助産師・看護師・医療スタッフの数も充実していますので安心して医療をうけて頂けると考えます。恐縮ながら、大阪で評価の高い有数の診療所として知名度も戴いていますが、其れに甘んる事なく、更に内容の充実をはかり患者さまのご要望に応えられる医療を目指したいと考えています。
本年も、よろしくお願いいたします。

2011/1/1

新年 明けましておめでとうございます。

皆さまにとって良い年でありますよう祈念いたします。皆様のお陰を持ちまして、しんやしき産婦人科は、昨年11月で開院15周年を迎えました。 産婦人科に関連した医療問題が報じられる状況下ですが、開院当初より今日まで「質の高い充実した地域医療」を目指して参りました。今後も、医療者として研鑽を積み地域の医療連携に貢献していきたいと考えています。現在、当院はお産の数も年々増加傾向にあり腹腔鏡手術に関しましては、年間100件の手術(卵巣膿腫・子宮筋腫など)を行っています。医療をサポートする助産師・看護師・医療スタッフの数も充実していますので安心して医療をうけて頂けると考えます。恐縮ながら、大阪で評価の高い有数の診療所として知名度も戴いていますが、其れに甘んる事なく、更に内容の充実をはかり患者さまのご要望に応えられる医療を目指したいと考えています。
本年も、よろしくお願いいたします。

2010/8/10

残暑お見舞い申し上げます。

今年の暑さは耐えがたいものがあります。先日、奈良・平城京に行ってきました。遷都祭に因んだ催しがあったり、特産品や工芸品が並べられ、正に お祭りの賑やかさでした。復元された大極殿や朱雀門、青丹の色鮮やかな遣唐船が展示されていました。天皇の詔がだされて、遣唐使が船出をするまでの準備に三年の月日を要したそうです。ビジュアル的には美しいですが、決して快適とはいえない作りの船での唐への長旅。
「 住吉に 斎く祝が 神言と 行くとも来とも 船は早けむ 」
無事を祈る古人の歌がふっと 過る。其につけても、1300年前の往時の都の姿、華やかな文化は 壮大なものだったと偲ばれ、感慨深いものがありました。

2010/6/13

当院のホームページが新しく変わりました。

コンセプトは、パンフレットや当院発行の季刊紙「Do!mom!」と統一したイメージで、明るく、内容も、一層分かりやすくご覧頂けるかと思います。院内の新しい情報もTOPページの「information」で合わせてご覧下さい。
院長ノートも多岐にわたる内容で、更新をしていきたいと思っておりますのでチェックして下さい。 暦が六月にかわり、梅雨入りもすぐそこです。この時季、妊婦さんは特に食べ物などに十分注意して下さい。免疫力の低下により食中毒を起こしやすいので、できるだけ、火の通ったものを食べるように心がける事が必要です。

     
 
ドクター妊婦診療入院案内乳児健診アクセスマザーズクラス

電話番号0722395571メールはこちらサイトマップ
Copyright(c)2013.Shinyashiki obstetrics and gynecology. All Rights Reserved.